ご予約・お問い合わせ

さいたまのハーブガーデンから学ぶ英国式ハーブ療法〜皮膚〜

こんにちは、Meeting Treesです。
 
先日こちらでもお伝えした「さいたまのハーブガーデンから学ぶ英国式ハーブ療法」講座。昨日は皮膚疾患とその関連ハーブをお伝えいたしました。使用したハーブはカレンデュラ(マリーゴールド)、イエロードック、ネトル、他など。
講座内では体の仕組み、関連症状について、関連ハーブについて英国での使い方などをお伝えするのですが、必ず行うのが、各ハーブ一つ一つを味わいながらどのようにハーブたちが私達に働きかけるかもじっくり観察をしながら意見交換をいたします。今回はMOMO先生のところに咲いていたカレンデュラがちょうどいい頃合いに乾燥していたのでそちらを頂きました。市販のものと味が異なり、まろやかでとても力強く感じました。
このような感じでフレッシュハーブとドライハーブの違いなども観察しながら行っていくのもこちらの講座の特色の一つです。
 
来月は神経系。ダマスクローズ、セントジョンズワート、ヴァーヴェインなどを学ぶ予定です。
 
こちらのコース、各講座で成り立っておりますので単発講座受講も可能です。お気軽にお問い合わせ下さいませ。
 
あと、少し余談ですが、フラワーエッセンス。今同時進行で毎月第一水曜日の午前中は昨年こちらの「さいたまのハーブガーデンから学ぶ英国式ハーブ療法講座」を修了された生徒さん対象に「色から学ぶ植物療法~英国ハーブ療法とフラワーレメディによる心と体へのアプローチ~」コースを行っております。こちらでは関連ハーブ&フラワーレメディの両方をお伝えしております。
メディカルハーバリストが撮影したメディカルハーブ ティ:マリーゴールド Calendula off. by Meeting Trees
2014年06月06日(金) カテゴリー:コース・講座/Courses ,ハーブ療法/Herbal Remedy ,ブログ コメント数:(0)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

カテゴリー

ライフログ

以前の記事

最新の記事

最新のコメント