ご予約・お問い合わせ

セントジョンズワート Hypericum perforatum

こんにちは、Meeting Treesです。

関東は梅雨入り宣言をしてから空梅雨かと思わせる天気が続いていましたがようやく雨模様・・・というより台風が近づいているようですね。

 

さて、先日こちらでもお伝えしましたように6月9日に月に一度「さいたまのハーブガーデンから学ぶ英国式ハーブ療法」でご一緒させていただいているHerbal MOMOさんと一緒に「ハーブウォーク&ハーブトーク」を行いました。この日も梅雨とは思えない天気で少し外にいるだけでも汗ばむ陽気でした。

そんな暑い中二時間近く掛けてMOMOさんと一緒に各ハーブの育て方、イギリスにおけるハーブ療法での使い方などをお伝えしながらゆっくりと畑を周り、その後は各自みなさん気になるハーブを収穫されていました。

 

この時期は本当に様々なハーブが見頃で、6月の代表的なハーブでもあるセントジョンズワートを始め、マレイン、エキナセア、ミルクシスル、バレリアン、ブラックマロウなどなどが太陽に向かってぐんぐんと咲いていました。

ローズは今年は開花が少し早かったようで間に合いませんでしたがそれでもスィートブライヤーはキレイに花をつけていました。

 

メディカルハーバリストが撮影したメディカルハーブ4:セントジョンズワート Hypericum perforatum. by Meeting Trees

 

太陽のような力強い黄色い花を付けるセントジョンズワートはイギリス、ロンドンでも自生のそれを比較的目にする事が多いためこの時期はよく公園へ行きセントジョンズワートを少し頂いて浸出油を作っていました。

今年はMOMOさんの畑へお邪魔し作ってみましたよ(^_^)。

こちらの写真からはまだ色が赤くは見えませんが2日経った今徐々に赤くなってきました。これはセントジョンズワートの成分のヒペリシンが持つ赤の色素によるもので本当にキレイな赤い色をつけるのです。

このまま1ヶ月以上太陽が当たる場所に置いておき出来上がった浸出油をそのまま、または軟膏にして使う予定です(^-^)。

 

メディカルハーバリストが撮影したメディカルハーブ製剤1:セントジョンズワート浸出油 Hypericum perforatum Infused Oil. by Meeting Trees

 

Hi there, it is Meeting Trees.

June is a very beautiful plant season here in Japan, too. 

 

I’m currently teaching about herbal medicine with Herbal MOMO san once a month who has a lovely herb garden in Omiya, Saitama pref. 

Contents of our herbal courses are learning about the body systems, related conditions, related herbs, making herbal remedies etc and identify herbs in the garden.      

There are now St. John’s wort, Mullein, Echinacea (it’s just started!), Valerian, Milk thistle etc are fully bloomed!

It seems like a season for roses have finished there but sweet briar (Rosa rubiginosa) was bloom beautifully. 

 

It is also a time for making infused oil of St. John’s wort! You can’t see the colour as yet in this picture but the colour has turned to be red (due to its constituent, hypericin) already now!

I can’t wait using it by itself or making some ointment etc!

2013年06月11日(火) カテゴリー:ハーブ療法/Herbal Remedy ,ブログ コメント数:(0)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

カテゴリー

ライフログ

以前の記事

最新の記事

最新のコメント