ご予約・お問い合わせ

観劇ーマシュー・ボーン「ドリアン・グレイ」 / Matthew Bourne’s Dorian Gray

こんにちは、Meeting Treesです。

今年は梅雨の時期が短く夏が一気にやってきた感じがします。

毎日うだるような暑さで各地で熱中症に掛かる人も多く出ているようですのでくれぐれもお体ご自愛なさって下さい。

 

さて、そんな中、久々に舞台を観に行ってきました。

演目はマシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」。マシュー・ボーンと言えば「スワンレイク(白鳥の湖)」で、男性が白鳥を演じるのが有名な舞台です。オリジナルのキャストではこの白鳥をバレエダンサーのアダム・クーパーが演じています。

イギリスにちょうど行った年の年末にこの「スワンレイク」が演じられると知り即チケットを取得し観に行きました。会場も有名な所ではあるのですがさほど大きく感じずダンサーの息遣いなども感じられるような空間でものすごく感動したのを覚えています。

それ以降彼の舞台、またアダム・クーパーも好きなので彼の演目には足繁く通ったものです。どういうわけか「ドリアン・グレイ」は見逃していたようで今回日本で行うことを聞いてエキサイトしていました。

 

今回の「ドリアン・グレイ」は2008年にイギリスで発表されロンドン公演は即完売になったほどのマシュー・ボーンの傑作とも言われたオスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」をマシュー・ボーン流に作られたもの。今回はイギリスと日本のダブルキャストで行われ私はイギリス人リチャード・ウィンザー演じたドリアン・グレイを観に行ってきました。

感想は・・・いや〜イイ!(笑)

純粋に感動しました。私は元々ダンスを見るもの自分自身で踊るもの好きなのでプロの踊るダンスにすっかり魅了されてしまいました。またストーリーも刺激的で最後は本当に前のめりになるほどにのめり込んでしまいました。

 

舞台後はドリアンのダブルキャストのお二人リチャード・ウィンザーと大貫勇輔さんのインタヴューが行われ舞台裏や今回の舞台に対する想いなども伺うことが出来、また改めて舞台を観てみたいと思いました。

 

以前も書いたかもしれませんがイギリスでは芝居、バレエ、オペラ、ミュージカルなどは比較的リーズナブルに観れるため(演目にもよりますが)、時間が空いたから観に行こうと言ったように気軽に観に行っていましたが、なかなか日本だとそうも行かず・・・。海外からの演目はどうしても高くなってしまうのはしょうがないのですがもう少し気軽にそして頻繁に通えると嬉しいなと思います。

メディカルハーバリストが撮影したマシュー・ボーンのドリアン・グレイのポスター by Meeting Trees

 

Hi there, it is Meeting Trees!

 

We supposed to had a rainy season?  But suddenly it’s ended and Summer has come! We are having 35 degrees almost every day and high humidity as well so quite a few people have suffered from heat attack so please take care of yourself. 

While I was in UK, I quite often went to see some plays, like,  ballet, opera, contemporary dances, etc. Particularly I loved to watch Matthew Bourne’s plays! 

We are having his play, ‘Dorian Gray’ at the moment and just went to see it last night was fantastic! 

This play is based on Oscar Wilde’s ‘The Picture of Dorian Gray’. The first released in London was 2008 and the tickets were sold out straight away.  The story has slightly changed to original but it was still sensational and I enjoyed a lot!

 

After the play, an interview was took place for the head the casts, Richard Winsor and Yusuke Onuki – it was double cast in Japan. 

They spoke about how to build to make the character, thoughts of the play, etc was very interesting. I would love to see this play again particularly after hearing about their interview.    

 
2013年07月14日(日) カテゴリー:イギリスのこと/England ,ブログ ,日々の徒然/Everyday Life コメント数:(0)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

カテゴリー

ライフログ

以前の記事

最新の記事

最新のコメント