ご予約・お問い合わせ

2013年秋フラワーレメディコースのお知らせ

こんにちは、Meeting Treesです。

一時は気温も20℃にまで上がるほど暖かい日もあったと思うのも束の間一気に冷え込み

ましたね。気温の変化が激しいですのでくれぐれも気をつけてお過ごしくださいませ。

 

さて、今回は11月にbe-Wood自由が丘(東京:自由が丘)で行う「フラワーレメディ マテリア・メディカ~植物の持つ癒しの力を学ぶ~コース」のお知らせです。

 

先日10月25日に生活の木原宿表参道校では「ハーブと心のケア~五感で選ぶハーブ~リーズ*より「色から選ぶハーブ」講座を行わせていただきました。

色が持つ意味、それらの色を持つハーブの特徴などを英国ハーブ療法での使い方と併せてお伝えしてきました。味、見た目もそうですが、気になる色や香りも意識的にまたは無意

識のうちに私達に必要なものを選んでいるとも考えられます。また日によって、感情の動きによっても欲するものが異なったり。

色も同様で常に好きな色もあれば、その日に限っては普段選ばない色が気になったりすることもあるのではないでしょうか。

講座ではハーブの成分が持つ働きだけではなく、植物全体のエネルギーを使って心身のサポートができたらとお話をしてきました。

 

植物のエネルギーを使う植物療法はハーブ療法だけではなく、フラワーレメディにもあてはまるでしょう。フラワーレメディー花療法、ハーブ療法とは少し異なりますが同じく植物の特徴、性質をもって心身のサポートに使われるセラピーの一つで有名です。

Meeting Treesの「フラワーレメディ マテリア・メディカ〜植物の持つ癒やしの力を学ぶ〜」コースではエドワード・バッチ博士が創りあげた38種類のエッセンスを理論だけではなくエッセンス一つ一つを体感していただき、そこで得た体験をもとにフラワーレメディを学んでいただく内容になっています。

 

今期のコースは11月12日より隔週火曜日にbe-Wood自由が丘で行います。

全部で11回の講座から成り立つこのコース、最後の講座は課外実習となり、オリジナルのフラワーエッセンスを作っていただきます(雨天の場合は日程が変更になります)。

 

今までコースに参加して下さった方たちと一緒に作ったエッセンスはとても興味深いもの多く、どれもとても印象に残っています。

私自身も一緒に作ったのですが、イギリスで作ってきたそれとはずいぶんと異なるタイプのエッセンスが出来あがり驚いたほどでした。土地が変わるとこれだけ植物の働きも変わるものかと改めて植物の持つ力に驚かされました。

 

コース内で使用するエッセンスは「ヒーリングハーブス社」のエッセンスになりますが、この38種類のエッセンスを使いこなせるようになるだけではなく、他のタイプのフラワーエッセンスをも使いこなせるようになるような基礎を学ぶことができます。

 

日程詳細などはこちらをご覧くださいませ。

 

ご質問、お問い合せはこちらからよろしくお願いします。

 

* 次回の「 ハーブと心のケア~五感で選ぶハーブ~」シリーズの「香りから選ぶハーブ療法」は11月22日(金)生活の木原宿表参道校で行います。

 

NB) Today's article is about our course's information and all our courses are taught in Japanese only at the moment so no any other articles are written in English here today, I'm sorry!

2013年10月29日(火) カテゴリー:お知らせ/News ,フラワーレメディ/F.Remedy ,ブログ コメント数:(0)

コメントはまだありません »

コメントはまだありません。

コメントをどうぞ

カテゴリー

ライフログ

以前の記事

最新の記事

最新のコメント