ご予約・お問い合わせ

英国認定メディカルハーバリストのブログ

風邪の時にはー When I have a cold

こんにちは、 Meeting Treesです。そして最近ポルトガル語を習い始めてるので少しここでも(笑)ボアタルジ(Boa tarde)、Meeting Treesです。

初夏のような日もあれば、まだまだ朝晩冷えたりまだ気温の変化があるので体調崩される方もいらっしゃるのではないでしょうか?
かくいう私も喉が痛くなり始めました(涙)。めったに風邪は引かないのですが、危ないなと思った時はハーブとRicolaのハーブのど飴。この2つがないとどうも落ち着かないのです。
ハーブは説明は要らないと思いますが、このRicola、なんなんでしょう(笑)
まだイギリスの大学で勉強していた頃はとにかく酷い時は毎週のように試験かエッセイ提出かの日々を過ごしていたため体調も崩すことが多く、私のバッグの中には必ずといっていいほどRicola。
普段飴など一切食べないのですが、このRicolaだけは別。正直いつから、どんな理由で取り始めたのか覚えていないのですが、喉の調子が悪いと感じたらRicola!
 
このRicola、非常に思い出深い事があったのですが、ある初冬に友人達と一緒にイギリスの北部に位置するピークディストリクト国立公園へ出かけたのです。あの時期のイギリスは日照時間が短くなってきていたので運悪く日が沈む頃もまだ街へ降りれなかった事がありました。食べ物も特に持ち合わせていなく、あるのは少しのブラウニーと水分のみ。夜になればなるほど寒いし道はよく分からないしお腹はとにかく空くが持ち合わせのブラウニーもそこを尽きた時に「そうだ。Ricolaがあった!」(笑)いや、笑い話ではないんですが、エネルギーになるようなものがあっただけでも良かった。それ以降下山するまでの間、合言葉のように「Ricola食べる?」、しまいに「食べる?」と聞くのも億劫になり「Ricola?」、「Ricola?」とやたらと聞いていた事がとかく印象に残っていた友人。日本に遊びに来る時「MakiへのおみやげはRicolaがいいよね!あんなに好きだったんだし日本にも売ってないから悲しい思いをしてると思う」と親切に言ってくれたらしいですが…大丈夫、日本にもあるよ、ありがとう!そして今もバッグの中に入って知らない人にまで今も変わらず「Ricola?」と言いながら渡しているよ(笑)。
 
それでは皆様、体調崩されませんようにステキな週末をお過ごし下さいませ。
 
Hi this is Meeting Trees!
Haven’t written any blog here in English for  a while… 
Finally here it is!
 
It’s been a lovely weather lately however, still bit chill in the evening so I felt sore throat since this morning. I hardly got a cold but once if I feel like this, I started take some herbs and Ricola, yes, a herbal sweet, RICOLA!
Not sure why I love this sweet as I hardly eat any kind of sweets like this but I can’t live without it when I get a cold!
 
Ricola reminds me of a great adventure when my friends and I went Peak District but couldn’t get down till really late without any foods left. We had a few brownies and some water but didn’t last long. When I was in England, even I wasn’t suffered from cold, I always kept Ricola in my bag, and just realised I had a packet of it! We needed sugar to keep warm and move forward so I kept asking my friend if they need RIcola. However, I kind of couldn’t be bothered to say proper sentences so kept asking them ‘Ricora? RIcora, anyone?’ till we reached to the town.
One of my friends just really remember about this so when they came to Japan who thought ‘Maki needs Ricola? She loves it and may be she can’t get it in Japan so have to take them for her!’…oh, so sweet of you but we luckily have it, thank you! And I’ve got in my bag at the moment and gave some to someone even who I’ve just met and asked ‘Ricola?’  
 
Take care of you all and have a lovely weekend!
2014年05月09日(金) カテゴリー:イギリスのこと/England ,ハーブ療法/Herbal Remedy ,ブログ ,日々の徒然/Everyday Life コメント数:(0)

観劇ーマシュー・ボーン「ドリアン・グレイ」 / Matthew Bourne’s Dorian Gray

こんにちは、Meeting Treesです。

今年は梅雨の時期が短く夏が一気にやってきた感じがします。

毎日うだるような暑さで各地で熱中症に掛かる人も多く出ているようですのでくれぐれもお体ご自愛なさって下さい。

 

さて、そんな中、久々に舞台を観に行ってきました。

演目はマシュー・ボーンの「ドリアン・グレイ」。マシュー・ボーンと言えば「スワンレイク(白鳥の湖)」で、男性が白鳥を演じるのが有名な舞台です。オリジナルのキャストではこの白鳥をバレエダンサーのアダム・クーパーが演じています。

イギリスにちょうど行った年の年末にこの「スワンレイク」が演じられると知り即チケットを取得し観に行きました。会場も有名な所ではあるのですがさほど大きく感じずダンサーの息遣いなども感じられるような空間でものすごく感動したのを覚えています。

それ以降彼の舞台、またアダム・クーパーも好きなので彼の演目には足繁く通ったものです。どういうわけか「ドリアン・グレイ」は見逃していたようで今回日本で行うことを聞いてエキサイトしていました。

 

今回の「ドリアン・グレイ」は2008年にイギリスで発表されロンドン公演は即完売になったほどのマシュー・ボーンの傑作とも言われたオスカー・ワイルドの「ドリアン・グレイの肖像」をマシュー・ボーン流に作られたもの。今回はイギリスと日本のダブルキャストで行われ私はイギリス人リチャード・ウィンザー演じたドリアン・グレイを観に行ってきました。

感想は・・・いや〜イイ!(笑)

純粋に感動しました。私は元々ダンスを見るもの自分自身で踊るもの好きなのでプロの踊るダンスにすっかり魅了されてしまいました。またストーリーも刺激的で最後は本当に前のめりになるほどにのめり込んでしまいました。

 

舞台後はドリアンのダブルキャストのお二人リチャード・ウィンザーと大貫勇輔さんのインタヴューが行われ舞台裏や今回の舞台に対する想いなども伺うことが出来、また改めて舞台を観てみたいと思いました。

 

以前も書いたかもしれませんがイギリスでは芝居、バレエ、オペラ、ミュージカルなどは比較的リーズナブルに観れるため(演目にもよりますが)、時間が空いたから観に行こうと言ったように気軽に観に行っていましたが、なかなか日本だとそうも行かず・・・。海外からの演目はどうしても高くなってしまうのはしょうがないのですがもう少し気軽にそして頻繁に通えると嬉しいなと思います。

メディカルハーバリストが撮影したマシュー・ボーンのドリアン・グレイのポスター by Meeting Trees

 

Hi there, it is Meeting Trees!

 

We supposed to had a rainy season?  But suddenly it’s ended and Summer has come! We are having 35 degrees almost every day and high humidity as well so quite a few people have suffered from heat attack so please take care of yourself. 

While I was in UK, I quite often went to see some plays, like,  ballet, opera, contemporary dances, etc. Particularly I loved to watch Matthew Bourne’s plays! 

We are having his play, ‘Dorian Gray’ at the moment and just went to see it last night was fantastic! 

This play is based on Oscar Wilde’s ‘The Picture of Dorian Gray’. The first released in London was 2008 and the tickets were sold out straight away.  The story has slightly changed to original but it was still sensational and I enjoyed a lot!

 

After the play, an interview was took place for the head the casts, Richard Winsor and Yusuke Onuki – it was double cast in Japan. 

They spoke about how to build to make the character, thoughts of the play, etc was very interesting. I would love to see this play again particularly after hearing about their interview.    

 
2013年07月14日(日) カテゴリー:イギリスのこと/England ,ブログ ,日々の徒然/Everyday Life コメント数:(0)

カテゴリー

ライフログ

以前の記事

最新の記事

最新のコメント